ガスライティングとは?

ガスライティングについてのブログです。

このブログに毎日メッセージを送信してくる方がいます ⑤

f:id:QPC:20171007000853j:plain

 

 

 

また、いつもの方からメッセージを頂きました。

 

 

この方の主張は、ある意味で正しいです。

 

 

 

読者の皆様はどう思いますか?

 

 

 

 

以下メッセージ ============================

 

 

飯島愛さんの主治医だった先生が、飯島さんは亡くなる前「頭に声が聞こえる」と怯えてたそうで、そうゆう記事を見ました。

 

いっけん精神病に感じるでしょうけど脳内盗聴という犯罪があります。

 

私も脳内盗聴されてる被害者です。

脳内盗聴できるわけですから脳内に音声も送れるわけです。

 

私も脳に声がしてました。

脳に声が聞こえると人に話すと精神病と思われ病院に送られ統合失調症という病名をつけられます。

 

現在日本に、統合失調症は100万人いると言われてます。

 

その中に被害を受けている人も多いのではないかと思います。

 

被害を受けてないとこの犯罪を信じられないでしょうけど、脳内盗聴という犯罪があると信じて下さい。

 

被害者なのに病気扱いで自殺者まで出すのはあんまりです。

 

実際亡くなられた方がいます。

 

 

もう一人、この犯罪にあわれてたと思われる芸能人の方がいます。

 

松居一代です。

 

ストーカーの疲れだけじゃないと思います。

 

つまり、松居のまわりの人間の大半が脳内音声にて、動かされており、脳内音声に洗脳された人間に松居は常に囲まれていたに過ぎないのです。

 

脳内音声をネットで調査しました。

 

そこには集団ストーカーされてるようなことを言われてます。 

松居も脳内盗聴されてたかどうかはわかりませんが脳内盗聴と集団ストーカー

一緒にされてる方が多くいらっしゃいます。

 

人によって脳内盗聴や音声だけの方や脳内盗聴と音声、集団ストーカー同時にされてる方がいらっしゃいます。

日本の公務員は脳内盗聴をされつつ、脳内音声にて行動を起こさせられています。

 

つまり、脳内盗聴で、脳内を読み取られ、そこで脳内音声で命令されて、その公務員の事務を操作して、国民の権利に影響を与えて、人間界を操作しようとするのが脳内音声の企てです。 

 

 

気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

qpc.hatenablog.jp

 

 

qpc.hatenablog.jp

 

 

qpc.hatenablog.jp

 

 

qpc.hatenablog.jp