ガスライティングとは?

ガスライティングについてのブログです。

テクノロジー犯罪の仕組み

f:id:QPC:20170703123838j:plain

 

テクノロジー犯罪に詳しい方から情報提供がありました。

 

以下にその文章を転載します。 ↓ ↓ ↓

 

 音声送信は、例え耳を塞いだ状態だろうと絶え間無く聞こえ続ける。また、雨や雪が降る荒天日や、水深の浅い水中、移動中の乗り物内、屋内や地下施設、離島、海外旅行先、携帯電波が届かないような山奥や洞窟内でも、決して通信は途切れる事が無い。その原理は恐らく軍事用スパイ衛星などを使って、人体にマイクロ波を照射(=マイクロ波無線通信)して、脳内に骨伝導で直接音声を響かせているものと思われる。

66 :テクノロジー犯罪被害対策マニュアル:2013/02/12(火) 23:57:37 id:PAgH0vdIマイクロ波無線通信は、第二次世界大戦当時には既に実用化されていた技術であり、日本国内でも戦後間も無い時期には既に民間企業レベルで使用されていたそうだ。ちなみに通常の衛星電話に使われている電波は遮蔽物に弱く、屋内や地下では使い物にならない。地デジ電波は山間部などでは受信電波が弱まる。携帯電話は基地局から離れた所では圏外となる。断言し切れないが、これらは加害システムに使われている通信電波としては可能性が低いように思える。

 

 感覚送信の原理について。人間の脳には全身の神経感覚を掌る部分がある。例えば事故などで片腕を切断した人がシャワーを浴びると、時折、失ったはずの腕に水滴が伝わる感覚をリアルに感じるという。この現象も脳が感じている錯覚だという。もし人間の脳神経に外部から直接電気信号を送る技術が確立しているとしたら、痛みや痒みといった様々な感覚を人為的タイミングで送り込む事も可能だと考えられる。

・被害者が何か加害組織側の意にそぐわない事を考える度、頬を叩かれたり、皮膚の一部を針で刺されるといった不快な痛みの感覚を送信される事がよくある。加害者側は音声送信でこれを「躾け」「調教」などと呼んでいる。この拷問的な手法により、被害者を思想矯正・マインドコントロールする試みらしい。また、被害者の怒りを煽って脳圧を上げさせて、脳溢血や意識障害などの健康被害を引き起こす狙いもあるようだ。

 

 感覚送信の原理について。人間の脳には全身の神経感覚を掌る部分がある。例えば事故などで片腕を切断した人がシャワーを浴びると、時折、失ったはずの腕に水滴が伝わる感覚をリアルに感じるという。この現象も脳が感じている錯覚だという。もし人間の脳神経に外部から直接電気信号を送る技術が確立しているとしたら、痛みや痒みといった様々な感覚を人為的タイミングで送り込む事も可能だと考えられる。

・被害者が何か加害組織側の意にそぐわない事を考える度、頬を叩かれたり、皮膚の一部を針で刺されるといった不快な痛みの感覚を送信される事がよくある。加害者側は音声送信でこれを「躾け」「調教」などと呼んでいる。この拷問的な手法により、被害者を思想矯正・マインドコントロールする試みらしい。また、被害者の怒りを煽って脳圧を上げさせて、脳溢血や意識障害などの健康被害を引き起こす狙いもあるようだ。

 

 テクノロジー犯罪の被害内容は、主に「思考盗聴」、「音声送信」、「感覚送信」、「電磁波兵器攻撃」などに大別される。
「思考盗聴」は、文字通り人間が脳内で考えている言葉やイメージなどをリアルタイムに外部から盗聴する技術。
「音声送信」は、通信ケーブルなどを一切使わずに遠隔的に人間の脳内に音声を送り込む通信技術。
「感覚送信」は、人間が持つ五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)に対して、痛みや不快感など様々な感覚を外部から人為的タイミングで送信する技術。さらに人間の行動や思想をある程度まで操る、マインドコントロール効果もある。
これらは全て電磁波(マイクロ波)通信を悪用したハイテク技術兵器によって実行されており、その出力を調整する事によって、人体に対して直接的な危害を加える事も可能だという。既に海外ではテクノロジー犯罪の存在についてメディアが報道し、法規制されている国まである。
※参考動画「電磁波マインドコントロール 6

 

ご意見 お問い合わせ

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集〈2〉遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告

 

 

 

 

qpc.hatenablog.jp

 

 

qpc.hatenablog.jp

 

 

qpc.hatenablog.jp

 

 

qpc.hatenablog.jp