ガスライティングとは?

ガスライティングについてのブログです。

ブログへの厳しい御意見をいただきました。

f:id:QPC:20160606222105j:plain

 

 

このブログのメール相談利用者から貴重な御意見を頂きました。

以下に御意見を掲載させて頂きます。

 

御意見の下にこちらの返答をさせて頂いております。

 

======================================================

私は自称被害者です。 

はっきりと被害を自覚し始めたのは一年くらい前でしょうか。

 

ガスライティングや集団ストーカーなどの被害は受けた当事者でなければわからない、

第三者には被害を理解してもらえない犯罪だと思います。

 

仮にこの問題に対して解決や悩みを求めてきた人間に対して

料金を求めるのはビジネスとしては最低な部類に入ると思います。

 

本来ならば、このような問題はあってはならないし、

普通の精神状態ならばまず思いつかないし実行しないと思うからです。

 

ビジネスとしては、嫌がらせされる人間を常に作り続ければ、

助けるふりをしてお金をふんだくればいいだけだからです。

 

私も相談をしてもらいましたが、返ってきた内容があまりにも非現実的すぎです。

 

ハイテク機器を用いた犯罪であると説明したならば、

そのれっきとした証拠を提出しなければいたずらに恐怖心を煽っているだけだからです。

 

 

ガスライティング、集団ストーカーの被害者はこれらの解決策として

一切金銭を支払わないスタンスでいるべきだと私は思います。

 

金を払って助けを求めた相手が、実はいうと加害者だった可能性が高いかもしれません。

 

 

寄付の調査をされているみたいですが、寄付を募るぐらいならばブログの運営は

直ちに閉鎖したほうがよろしいと思います。

 

======================================================

 

以上がブログへ寄せられた御意見です。

以下に同文を掲載しまして回答させて頂きます。

 

======================================================

私は自称被害者です。 

はっきりと被害を自覚し始めたのは一年くらい前でしょうか。

 

A.私も自称被害者で被害を自覚したのは15年ほど前です。

被害歴は相当長いですが潰されずに生き延びています。

 

 

 

ガスライティングや集団ストーカーなどの被害は受けた当事者でなければわからない、

第三者には被害を理解してもらえない犯罪だと思います。

 

A.同感です。誰にも理解されず相談する機関すらありません。

おそらく全国の被害者も同じ状況のはずです。

 

 

 

仮にこの問題に対して解決や悩みを求めてきた人間に対して料金を求めるのは、

ビジネスとしては最低な部類に入ると思います。

 

本来ならば、このような問題はあってはならないし、普通の精神状態ならば

まず思いつかないし実行しないと思うからです。

 

 

A.こちらでは解決や悩みを求めてきた方には無料メール相談を実施していますが、

相談費用を請求した事はございません。

 

既に利用者は100名を超えていますが、料金を頂いた事はありませんし、

今後もないでしょう。

ビジネスとして相談を実施している実態はございません。

 

ビジネスとして相談を受けるのであれば特定商取引法に基づき

会社名、代表社名、所在地の明記が法律で義務付けられています。

 

このブログはビジネス利用されていません。

寄付金も現段階では1円も頂いておりません。

 

 

 

ビジネスとしては、嫌がらせされる人間を常に作り続ければ、

助けるふりをしてお金をふんだくればいいだけだからです。

 

A.『ビジネス=お金をふんだくる』という思考回路が理解に苦しみます。

ビジネスとは情報(手助け、仲介、その他)の提供により対価として報酬を得るという構図です。

 

のどが渇いた人に自動販売機は飲み物を150円で提供してお金をふんだくっているのでしょうか?

お金を払わなければ飲み物は買えない社会の仕組みです。

 

社会経験の少ない方の御意見なのでしょうか?

 

こちらでは助けるふりなどしていませんし、お金をふんだくる隠された目的もありません。嫌がらせされる人間を量産するような事に加担してもいません。

 

一体、この方は何の話をされているのでしょうか?

 

 

私も相談をしてもらいましたが、返ってきた内容があまりにも非現実的すぎです。

 

A.前述しましたが、メール相談の利用者は200名を超えています。

閉鎖的な地域での人為的な嫌がらせに対しては、現実的な対処法などお伝えする事が

ありますが、中には非現実的な相談をしてくる被害者の方もいらっしゃいます。

 

 

電磁波で毎日攻撃されている。

頭の中で24時間会話が続いている。

 

などがその例です。

 

 

一般的には非現実的な話ですが、非現実的な被害を訴える方には

一般的ではない非現実的な話で対応する場合がございます。

 

現実的な相談をお望みでしたら、弁護士事務所が適所ではないでしょうか?

 

私は過去に弁護士相談を利用した事がありますし、

実際に契約関係で弁護士を直接雇用した経験があります。

 

案件により着手金は変動しますが、10万円~30万円の着手金を支払い、

かつ成功報酬などのオプションも付随させると軽く50万円は超えてしまいましたが、

仕事はプロフェッショナルの仕事でした。

 

これはあくまで弁護士を雇用したケースの例えですが、こういった場合は仕事内容に

不満があれば仕事内容に関して堂々と批判できる立場に立てる事になります。

 

こちらではオンラインでの弁護士相談「弁護士ドットコム」の利用を推進する場合もございます。

無料相談では限界がありますので、メール2通まで3000円の費用で弁護士さんが

集団ストーカー被害の相談に対応してくれます。

 

インターネット環境の普及に伴い、「有益な情報や問題解決を無料で出来る」と

錯覚した人間が増殖したように感じます。

 

 

ハイテク機器を用いた犯罪であると説明したならば、

そのれっきとした証拠を提出しなければいたずらに恐怖心を

煽っているだけだからです。

 

A.こちらではハイテク犯罪の可能性を示唆する事はありますが断言はしておりません。

メールでの相談ですので、相談者の直面している現実が100%把握できている状況ではありません。

 

被害状況を統合するとハイテク犯罪の可能性が高いだけです。

証拠提出を望むのであれば、本格的な調査、分析が必要です。

 

それを無料メール相談に要求するという思考回路が問題です。

 

無料で情報を得ようとする心構え。

社会経験の乏しい方や詐欺師や窃盗犯の特徴です。

 

無料で良質の決定的な情報は絶対に入手できません。

資本主義社会はそのように構成されています。

 

集団ストーカーの解決方法はネットを徘徊しているだけでは絶対に見つける事は出来ません。

 

断言します。

 

 

ガスライティング、集団ストーカーの被害者はこれらの解決策として一切金銭を

支払わないスタンスでいるべきだと私は思います。

 

A.人の意見や手を借りずに自力で解決する事が一番の解決策です。

 

他人の力を無料で(タダで)利用する。

その発想を持ち続ける限り被害状況は変わらないでしょう。

 

こういったブログやサイトも維持費がかかります。

そういった事に考えが及ばない。他人の気持ちが理解できない。

いわゆる精神的に未熟な子供の考え方です。 

 

 

金を払って助けを求めた相手が、実はいうと加害者だった可能性が高いかもしれません。

 

A.こちらに金銭の負担をされた相談者は1人もおりません。

状況を見極める知性、能力、騙されない為の知識が必要です。

 

こちらでは様々な可能性を示唆しますが、最終判断は自己責任でお願いしています。

必要以上に他人の意見に左右されない。

そういった強い意志を持っていれば、詐欺師や嘘吐きに騙される事はないはずです。

 

こちらのブログ記事の約300記事を全て読んでから

ハイテク犯罪の加害者かどうかの判断をして下さい。

 

 

 

寄付の調査をされているみたいですが、寄付を募るぐらいならば

ブログの運営は直ちに閉鎖したほうがよろしいと思います。

 

 A.前述しましたが、社会の全てのものは維持費がかかります。

 

私は相談先として警察や弁護士事務所、場合によっては心療内科

なども選択肢に入れるよう提案する事があります。

こちらに掲載されている記事はあくまで参考例にすぎません。

 

世の中の全ての事象に対して、無料で解決出来るという事象はございません。

そういった現実を直視し、社会の現実を受け入れてはどうですか?

 

このブログは毎日100人前後が新規で訪問してきます。

週末になると200~300人前後です。

 

相談も毎週寄せられます。

 

アンケートでは『参考になった』と好評を頂くことが多いです。

 

 

今回の御意見は今後のブログ運営の為の参考にさせて頂きます。

 

======================================================

 

 

 

 

 

 このブログへのご意見、ご相談はこちら

qpc.hatenablog.jp

 

 

qpc.hatenablog.jp

 

 

qpc.hatenablog.jp

 

 

qpc.hatenablog.jp